ksangod

今すぐ内容を確認する

出産後に肥満体になりやすいことは有名です。
もしかしたら、あなたも産後太りに悩まされているかもしれません。

しかし、妊娠・出産前は、比較的簡単にダイエットに成功していた人でも
育児をしながらダイエットに取り組むのは難しい
といいます。

特に0歳児は1日の大半が寝ている状態ですから、いつ目を覚ますか分かり
ませんし、母親は寝不足に悩まされやすいのではないでしょうか?

精神的にもストレスがたまりやすく、体力的にも消耗しがちな時期ですが
ダイエットを妨げる原因が他にあることを忘れてはいけません。

妊娠から出産にかけて骨盤が左右に広がることから、骨盤の前にある恥骨
部分が離れて、お尻の後ろにある仙骨が後ろに上がるだけでなく骨盤下に
ある坐骨間が大きく広がります。

この骨盤のズレが体型の崩れにつながるだけでなく、基礎代謝の悪化など
ダイエットを妨げる原因になっているのです。

更には、腹筋と骨盤底筋群といった部位の筋肉が、妊娠から出産にかけて
弱体化しているのも肥満になりやすい原因です。

赤ちゃんがお腹の中にいたわけですから、出産直前の段階では筋肉が伸び
きった状態になっているわけであり、伸びきったゴムのように、出産後は
ダラリと筋肉が伸びきって、腹筋の緩みに繋がります。

つまり、筋肉と骨格を直せば妊娠前よりもきれいな体になるだけでなく、
妊娠以前と同等の基礎代謝に戻すことができますので、自然とダイエット
できる
というわけです。

どのようにして、筋肉や骨格を直せばいいのでしょうか?

エステや整体などに通うというのは、お金も時間もかかりますし、育児で
多忙な合間に通うのは難しいでしょう。

そこで、日常生活の中で自然に実践できる方法を行うと言いわけです。
具体的には、

  • 正しい姿勢をとる
  • 骨盤運動をする

の2点です。

【続きを読む】