ibiki

>>公開は終了しました<<

いびきというのは、かいている本人は、いびき「騒音」の五月蝿さには一切
気づきませんが、周りに与える悪影響は計り知れないものがあります。

「騒音公害」と揶揄されることも珍しくない鼾は、イビキをかいている本人
にも悪影響があることは、見落とされがちな事実です。

イビキをかいている間は無呼吸になりやすく、体内が酸欠状態になる傾向が
見られることから、睡眠時間を長くとっても、寝起きの疲労感が強くなり、
眠気を常に感じる状況で生活することになるわけです。

イビキが寿命を縮めることも珍しくないと言いますから、まわりの騒音だけ
でなく当事者にとってもイビキが不幸を招き寄せることがわかるでしょう。

そこで、改善率98.2%を誇るイビキ解消法を試してみませんか?

整体師の伊藤弘一さんと、歯科医の諏訪さんが、器具や手術の必要がないと
いう「いびき撃退法」を開発しました。

のどちんこなどを除去する手術をしても、いびきが再発することは珍しくは
ありませんし、歯並びを矯正すればイビキが解消できるとは限りません。

また、マウスピースなども効果のある人がいることは確かですが、イビキを
解消するのは簡単ではないというのが現状です。

喉の筋肉を鍛えればイビキに悩まされることはなくなるといった話を聞いた
ことがあるかもしれません。

確かに、喉の筋肉が弱体化することでイビキが起こるケースはありますが、
それだけがイビキの原因ではありませんので、イビキの原因が異なる場合は
全くといっていいほど効果がありません。

試しに実践するのはいいと思いますが、絶対に効果があるいびき解消法でも
ないのです。