efntstic

>>公開は終了しました<<

視力が回復するグッズや健康食品、マッサージなどを試してみたけど、全く
といっていいほど効果がなかったのではありませんか?

一般的に知られた視力回復法に取り組んだ100人のうち、視力回復の効果が
現れる人はせいぜい1人か2人位だと言われています
ので、ほとんどの人に
とって時間とお金の無駄でしか無い理由がわかるでしょう。

学校の視力検査はABCDという4段階になりましたが、この中の「D」、数字
で言うと0.3以下の視力になると、日常生活に支障が出てきます。

まわりが見えにくくなるだけでなく、無理に裸眼のままでいると眼精疲労が
ひどくなりやすいことから、メガネやコンタクトレンズ、レーシックなどで
視力を矯正する必要が出てくるわけです。

しかし、理学博士の松崎五三男さんによると「目の運動不足」が原因で視力
低下に苦しめられているケースが多い
といいます。

テレビやディスプレイ、スマホのモニタばかりを見ていると、眼球の回りの
筋肉がほとんど動かさなくなることから、視力調整機能が低下することで、
視力も低下するというわけです。

  • 光の量を調整する「虹彩」
  • 水晶体の厚みを調整する「毛様体」
  • 眼球を自在に動かす「眼球移動筋」

この三つの筋肉を鍛えることで、2週間もすれば視力のアップが実感できると
いうのがアイ・ファンタスティックです。

松崎さんによると、近視、遠視、老眼など、幅広い状況にもアイ・ファンタ
スティックは対応しているといいます。