childzen

>>公開は終了しました<<

あなたのお子さんが、小児喘息に悩まされていませんか?

薬を飲んだり、体質改善に取り組ませていても、なかなか小児喘息という
のは良くならないものです。

なんとかして小児喘息を解消させようと想って、間違った改善方法を実施
したり、すぐに効果が出なくて諦めてしまうといったケースも少なくあり
ません。

空気のいいところに行けば喘息は治ると言われて、都市部から過疎地など
に移住したのはいいけど、仕事はない上に、日常生活も不便になっただけ
でなく、喘息も良くならなかったというケースもよく聞きます。

過疎地では、医療機関が壊滅状態にあるところも少なくありませんから、
喘息の発作が出た時に救急診療が中々受けられずに死にかけたという場合
もあるわけです。

その結果、一度移住しても、再び、医療機関が整った都市部に戻ってきた
という場合もあります。

根本的に小児喘息を解消することが出来ないままに、時間ばかりが流れて
いく
という状況ではないでしょうか。

喘息を抱えたまま大人になってしまい、喘息のために障害者手帳を持って
いる喘息患者も少なくありません。

そこで、小児ぜんそく改善プログラムコーチであり鍼灸師の砂塚誠治さん
が開発した「小児喘息を改善する実践プログラム」を試してみませんか?

喘息の発作で救急車で運ばれることも少なくなかった小児喘息患者を砂塚
さんは解消してきた実績があります。

そのポイントは、3つのパターン(行動)にあると砂原さんは言います。