pms

>>公開は終了しました<<

大半の女性は、生理前に頭痛や生理痛、イライラや情緒不安などといった
苦しみに悩まされる
ものです。

このような症状を総称して「生理前症候群」(PMS)と呼びますが、生理
が始まると自然と症状が解消することから、その時だけ我慢すればいいと
考えがちです。

しかし、PMDD・子宮筋腫・子宮内膜症・不妊症といった女性特有の疾患
を発症する原因がPMSである
ことが明らかになって来ました。

PMSの症状や程度に関しては個人差が非常に大きく、何も感じないという
人もいれば、人間関係や社会活動に支障をきたす程度まで悪化するという
人もいます。

PMSの症状は200例を超えると言いますから人によって全く異なる苦しみ
を味わうというケースも珍しくありません。

重度の人からすれば、毎月のように、日常生活を送るのにも支障をきたす
苦しみに悩まされるわけですから、改善したいと思うのは当然でしょう。

その一方で、軽度の人であれば自覚症状が乏しいわけですから、ついつい
放置しがちですが、PMDDや子宮筋腫などの女性特有の疾患が進行する事
もあるために、やはりPMSを改善したほうがいいわけです。

医療機関で診察を受けると「鎮痛剤」や「低容量ピル」などを処方されて
不快な症状を軽減することを目的とする対症療法が一般的です。

病院や医院では、PMS自体を根本的に解消するための治療が行われること
は、ほとんどない
というのが実情です。

ホルモンバランスを正常化するために、ホルモン注射がされることもある
かもしれませんが、これも一時的な効果しか期待出来ません。

そこで、ホルモンバランス研究所の続木和子さんが、あなた一人で自宅に
いながらにしてホルモンバランスを整える方法を開発しました。

それが、続木式PMS改善プログラムです。