hinnyo

>>公開は終了しました<<

あなたは夜尿や頻尿、軽い尿漏れなどに悩んでいませんか?

強い尿意を感じてもトイレまで我慢しきれず失禁してしまったり、排泄して
も全ての尿を出しきれず、用を足したと思ってズボンを履いた後に、少量の
尿がパンツに出てしまうといった経験はありませんか?

また、尿意を感じる間隔が、一般的な男性と比べて明らかに短いのでトイレ
が近くにないと落ち着かないといった状況かもしれません。

例えば、観光バスなどに何時間も乗り続けるなんていうのは、狂気の沙汰だ
と思っているのではないでしょうか。

このような尿トラブルは、従来から高齢者に多いのですが、最近では若年層
でも起こるようになっています。

ドラッグストアで売られている頻尿に効果のある薬を試してみたが、全くと
言っていいほど効果がなかったかもしれません。

頻尿であれば、水分補給を控えればいいだけの話ではないのかと思って実践
した人もいると思います。

しかし、トイレにいくペースが減らないだけでなく、脱水症状を起こして、
頭痛や胸焼け、吐き気や痙攣を起こしたり、高熱で意識が混濁し、心肺停止
の手前まで行ったという笑えないケースもあるといいます。

何かの病気だと思って病院で診察を受けても、検査の結果は、全て異常なし
であり、精神的なものだろうと言われて精神科の診察を勧められるといった
ところでしょう。

泌尿器科医で日本東洋医学会専門医の関口由紀さんによると、前立腺肥大に
よって頻尿や残尿感が出ないのであれば、過活動膀胱を疑ったほうがいいと
いいます。

また、前立腺肥大は病院での治療が必要だが、過活動膀胱に関しては正しい
手順を身につければ、自宅で一人で取り組めるとも言うのです。