metabot

今すぐ内容を確認する

メタボを解消するために運動しようと思っても、どの程度の運動をすれば
いいのか分からずに、カロリー消費を増やせばいいといった安易な考えで
取り組んでいる人が少なくありません。

消費エネルギーの知識があればわかることですが、運動だけでカロリーを
消費すること自体に無理がありますし、続けられません。

例えば、1時間クロールを続けることで、体重によって個人差はあります
が、平均して1337キロカロリーも消費します。

しかし、1時間も泳ぎ続けることができる人は少ないでしょう。
水泳選手であれば簡単なことであっても、水泳から遠ざかっていた人から
すれば苦しいものです。

このような身体や精神に負荷をかけるダイエットでは、結局は続けられず
に挫折するだけです。

ダイエットによる体重や体脂肪の減少と、運動などによる精神修養、体力
増強効果を混ぜこぜにして取り組むと、どちらも身につかずに終わるわけ
です。

本格的に運動に取り組んで、副次的に痩せるというのであればまだしも、
運動すれば痩せると短絡的に考えること自体が間違いです。

そこで、メタボに悩んでいるのであれば、どのようなダイエットがいいの
でしょうか?

オリンピック出場選手のトレーナーとして知られる西田文郎さんによると
楽でカンタンなトレーニングを行うことで、インナーマッスルとアウター
マッスルのバランスを取ることが効果的だと言います。

その手順を総合格闘家として知られる松下兄弟が教えてくれます。

もちろん、格闘技選手しか実践できないハードな練習ではなく、メタボな
中高年男性でも実践できる、週1回30分の負荷の少ない筋トレです。

【続きを読む】