kyohaku

>>公開は終了しました<<

あなたは、強迫性障害に苦しめられていませんか?

強迫性障害は、以前は「強迫神経症」と呼ばれていましたが、一般的な恐怖
症とは異なり、不安恐怖の一種として考えられています。

一般的な恐怖症は、ある対象物に対して恐怖や不安を感じる一方で、強迫性
障害の場合には、玄関に鍵をかけたかどうか気になって仕方がないといった
具合に、確認しなければ不安や恐怖を感じるというのが違いです。

無意味でバカバカしい行動であろうが、その行動をしなければ不安や恐怖を
感じるのが強迫性障害ですから、第三者から見れば、奇妙な行動をしている
ようにしか見えません
ので、すぐにわかります。

つまり、目立って仕方がないわけです。

だからといって、強制的に行動させないように束縛したり、行動を強制する
というのは、ほとんど成果が出ません。

新たに、パニック障害や「巻き込み」と呼ばれる第三者への強迫行為の強要
などを引き起こす可能性があるからです。

このような場合、動物を躾けるように、暴行を加えればおとなしくなります
が、現行犯で逮捕されても文句は言えませんから、人間相手に行なう方法と
しては不適切でしょう。

そこで、メンタルセラピストの石原誠二さんが、強迫性障害を解消できると
いう意外な方法を公開しました。

それが、石原式強迫性障害改善術です。

強迫性障害と一口に言っても、その原因はさまざまです。
根本原因を見つけ出した上で、その原因を解消することで強迫性障害も改善
していくというわけです。