uematu

>>公開は終了しました<<

アトピー性皮膚炎で、ステロイドがなければ痒みに我慢できないといった
状況に悩んでいませんか?

ステロイドを使った直後は痒みがおさまるが、しばらくすると皮膚が赤み
がかってきたり、腫れて、更に痒みや痛みに襲われてしまうといった状況
ではないでしょうか。

あくまでも、ステロイドは炎症を抑えるだけの効果しかありませんので、
アトピー性皮膚炎を根本的に治療する薬ではありませんし、抵抗力を低下
させるという問題点があることを既に知っているかもしれません。

さらには、ステロイドには免疫機能を低下させるという副作用も伴います
ので、アトピー性皮膚炎を悪化させたり、別の病気を発症するおそれさえ
あるのです。

改善しているのか悪化しているのか、さっぱりわからない状況が続くと、
精神的にもつらくなってくるものです。

重度のアトピー性皮膚炎になると、痒みだけでなく痛みも生じてきますの
で、夜もまともに眠れなくなり、日常生活に大きな支障をきたしてしまう
ことにもなりかねません。

また、全身にできた湿疹を見られることに対する恐怖感も強く感じている
のではないでしょうか。

しかし、薬剤師で反日国家として知られる中国政府認定の国際中医師でも
ある植松光子さんによると、ある漢方薬を正しく使用すると、アトピー性
皮膚炎を完治できる
と言います。

この漢方薬は、中国では既に多くの実績があると言います。
もちろん、ステロイドは一切使いません。

実は、日本に伝わっている漢方と、中国での漢方の処方には、違いがあり
ます。

違いがあるといっても、貧富の格差であったり共産党員だけが優遇されて
いるといった政治的な話ではなく、医学体系から異なるために、処方量で
あったり服用方法なども異なるという意味です。

このため、漢方薬を飲んでもアトピー性皮膚炎が改善されなかったという
ケースでは、正しい方法で服用できていなかった可能性がある
のです。