kogashoku

今すぐ内容を確認する

自分自身の食欲がコントロールできずに、大量に食べては嘔吐をしたり
下痢を繰り返すといった状況が続いていませんか?

食べること自体が苦痛になって、食事の時にほとんど何も食べられない
といった状況になっているかもしれません。

このような拒食症や過食症になると、栄養失調になることが一般的です
から、体調不良を引き起こしやすくなるだけでなく、餓死するおそれ
出てきます。

貧困地帯で飢餓に苦しんでいる人と同じような体内状況になるわけです
から、放置すると生命に危険が及ぶことは間違いありません。

このため、重度の拒食症・過食症患者に対しては、緊急避難的に点滴に
ビタミンやミネラルなどを混ぜることで、飢餓状態から抜け出すように
処置が行われます。

それと並行して精神面からの治療も行われるわけですが、放置できない
重度の段階であればまだしも、現在の状況であれば診察を受けるほどで
もないので、精神科などには行きにくいのではありませんか?

メンタルクリニックなどに通っていても、話を数分間したら、処方箋を
わたされて終わりといったケースも少なくありませんし、それが半年、
1年と続くことも珍しくありません。

良くなっているのか悪くなっているのかも分からずに、日課のように薬
ばかりを飲む生活が続いている人も多いのです。

精神科でわたされる薬というのは、拒食症や過食症を完治するためでは
なく、今の精神状態に影響を与えるだけの対症療法的なものですから、
飲み続けていても完治しないのは当然です。

そこで、一般に出回ることはないと言われている拒食症・過食症改善術
を試してみませんか?

【続きを読む】