parkin

>>公開は終了しました<<

パーキンソン病を根本的に完治させる治療法というのは、実在しません。

パーキンソン病に関する医学的な研究は進んでいますが、いまだに根本的に
解消することは不可能
だというのが実情です。

このため、パーキンソン病を治せるといったたぐいの「治療法」であったり
「薬」や「サプリメント」「健康食品」といったものは全て嘘だと言っても
いいでしょう。

もちろん、パーキンソン病は症状の進行が遅いことから、今日発症して明日
には半身不随になるとか、神経麻痺で死亡するといった心配はありませんが
末期症状が長期間続くということでもあり、極めて深刻です。

パーキンソン病の厄介な点は、身体的症状だけでなく精神障害も引き起こす
という点です。

パーキンソン病患者の40%が認知症を発症するとも言われており、物忘れや
ボケ症状に介護する側も苦しめられるというわけです。

これまでの医学的な研究により、パーキンソン病のメカニズムは、ほぼ特定
されてきました。

パーキンソン病はドーパミンの量が減ることで発症するのです。

このため、薬物療法などでドーパミンの量を補充することで対症療法を行う
ことが一般的に行われています。

しかし、薬を使わずに自力でドーパミンの量を増やしていく方法が存在する
というのは、パーキンソン専門の改善アドバイザーである藤本さんです。

ストレッチや運動、食事に気をつけることによって、ドーパミンの量を増加
させていくというわけです。

1000人以上のパーキンソン病患者が、藤本さんが提唱するパーキンソン病
ケアプログラム
を実践したことで、症状が軽減したと報告しています。