gyakuryu

>>公開は終了しました<<

逆流性食道炎の治療というと薬を使った対症療法が一般的で、炎症などの
程度がひどくなれば食道を手術で除去するといった処置が行われることが
一般的です。

逆流性食道炎を根本的に完治させる薬というものはありませんから、対症
療法的に胃酸の分泌を抑制させる薬の服用を続けるしかなく、自然回復が
起こることを期待するといった頼りない治療法なのです。

逆流性食道炎が改善せずに症状が悪化してくれば、手術で患部を取り除く
ということになり、再び食道が作成されるまで入院生活が続きます。

iPS細胞を用いた治療法が一般化すれば、逆流性食道炎なども完治できる
ようになるのかもしれませんが、あなたが生きているうちに実用化できる
かどうかという次元の話ですから期待薄です。

しかし、逆流性食道炎改善アドバイザーの山本慎之介さんによると、盲点
とも言える改善法がある
というのです。

あまりにも古典的な方法であったことから、誰もが知っていることであり
ながら、その効果については見落とされるケースも珍しくなかったという
わけですね。

体質改善をしていくわけですから、今日はじめて明日効果があるといった
ものではありませんが、毎日続けるほどに逆流性食道炎の症状が軽減する
ことを実感することができます。

しかし、この古典的な方法をそのまま実行しただけでは、思い通りの成果
が出ない
といいます。

正しい逆流性食道炎に関する知識を身につけた上、1日20分のセルフケア
を行うことが重要です。