beye

>>公開は終了しました<<

レーシック不要の視力回復法というと、以下の様なパターンが多いですね。

  • 目のまわりのツボを押す
  • 眼球を動かして筋肉を鍛える
  • 目薬などを効果的に使う
  • ブルーベリーやビズベリー、ルテインなどのサプリメント

しかし、眼精疲労を取り除いただけでは視力が回復しないように、眼球の
まわりの筋肉を鍛えるだけでは不十分です。

筋トレをして筋肉質な身体になれたとしても、しばらく放置すると元通り
贅肉ぶよぶよな体つきに戻りますから、筋肉質な身体を維持するためには
死ぬまで鍛え続ける必要があるというわけです。

このため、視力回復トレーニングをしている間は、視力回復効果があった
方法だったとしても、視力が回復したのでトレーニングを止めてしまうと
元に戻るケースが多いのです。

もちろん、視力回復トレーニングを日課にして、いつまでも続けるという
のもひとつの方法ですが、目標を達成するまでの段階で挫折する人が多い
中で、一つの目標が達成してからも続けられるかは疑問です。

そこで、視力が回復した時点でトレーニングをやめたとしても、簡単には
再び視力が低下しなくなる方法が開発されました。

それが、ブリージング・アイです。
1日2回各15分ずつ、誰でも実践できる簡単なトレーニングを行います。

初回の実践で、全体の3分の2の人々が視力の回復を実感していますので、
その効果の高さがわかるというものではないでしょうか。

ブリージング・アイは、トレーニングだけでなく「呼吸」に着目している
のが、他の視力回復法との大きな違いです。