dogantia

今すぐ内容を確認する

東洋医学は、人間だけを対象としたものではありません。

植物相手に効果があるのかは調べた人がいないためにわかりません。
植物自体が害虫につきにくくなったり、痩せた土地でもたくましく成長する
ための「ツボ」があったとしたら、それはそれで有益でしょう。

さて、東洋医学が人間に対して効果があるということは、他の動物に対して
効果がある
ということもできます。

実際に、犬にはツボが存在することが明らかになっています。

そのツボを毎日10分程度でも指圧することによって、犬の体調が改善される
だけでなく、病気も快方に向かい、老化も予防できるなど、さまざまな効果
が得られることは、あまり知られていません。

問題行動に悩まされている状況でも無い限りは、飼い犬が一刻も早く死んで
ほしいなどと思う飼い主はいない
のではないでしょうか。

そこで役立つのが、ワンコのための実用東洋医学です。

東洋医学はもちろんのこと、医学的な勉強をした経験がない素人でも、愛犬
と少しでも長く一緒にいるためのノウハウや手法を身につけることができる
マニュアルです。

2005年に設立された日本愛犬東洋医学研究会の会長である松嶋みゆきさん
が作成しました。

もちろん、人間と同じように効果には個体差がありますから、東洋医学では
全く効果のないケースがあることは松嶋さんも認めています。

西洋医学は副作用があるから絶対悪であり、体のことを考えたら東洋医学で
なければいけないと言っているわけではありません。

動物病院での健康診断や治療と併用しながら、ワンコのための実用東洋医学
を実践することで相乗効果が発揮出来ればいいといった考えのようです。

【続きを読む】