kinshi

今すぐ内容を確認する

近視で視力が低下している日本人は少なくありません。

メガネやコンタクトを常につけていなければ、まともに物が見えないという
ような状況で悩んでいるのではないでしょうか?

どれだけ着用感のいいメガネをつけていても、それなりにストレスを感じる
ものですし、裸眼と比べると視界が狭くなるのはメガネの弱点です。

コンタクトレンズの場合には、視界が広くなるというメリットはありますが
着用し続けることはできないという問題点があります。

使い捨てにすればコンタクトレンズのメンテナンスは必要なくなりますが、
眼球に直接つけますので異物感を感じたり、目のトラブルを引き起こす危険
もあるわけです。

このため、レーシック手術が人気になっているわけですが、手術費用は安く
ありませんし、必要以上に医療ミスを恐れる必要はありませんが、後遺症に
ついては、程度の差はあれども色々と報告されています。

レーシックを行う眼科でも、新たな治療法を用いることで、後遺症の発生を
なくそうと努力をしていますが、発展途上の技術といえるかもしれません。

一度レーシックをやってしまうと、完全に手術前の状態に戻すということは
できませんので、どうしても躊躇してしまうというのではないでしょうか。

さて、視力回復法というと、眼精疲労を取り除いて、目の周りのツボを刺激
したり、超音波や赤外線レーザーなどを用いた方法が有名です。

しかし、効果に個人差が大きいことから、視力が回復したという人もいれば
全く改善しなかったという人もいたりとさまざまです。

目の美容室・日本リバースの今野さんによると、視力が低下した根本原因は
全く別のところにあるといいます。

その原因とは「血流障害」にあるというのです。

目の血流障害を改善すれば、自然と視力が回復してくるというわけです。

【続きを読む】