5jioki

今すぐ内容を確認する

あなたは熟睡できていますか?

寝る暇もないほど、仕事で忙しいという人もいるかも知れません。
1週間で睡眠時間はわずか20時間しか取れていないといった具合に、多忙を
極める時もあると思います。

そのような短時間睡眠でも、寝不足感や疲労感なく熟睡できて、さわやかな
日中を送れるようになりたくありませんか?

1日8時間寝なければ早死をするとか、7時間で十分だといった議論がされて
いますが、個人差が大きすぎるので、なかなか当てはまりません。

それこそ2時間睡眠で十分な人がいる一方で、8時間、10時間でも寝不足と
いう人もいるぐらいです。

しかし、ちょっとしたコツを身につければ、長時間睡眠だった人でも健康的
に短時間睡眠を実現して、朝スッキリ目覚めることができます。

知識として知っているかどうかで、大きな差が出ることも多いのです。

日中はヘトヘトに疲れるまで運動して、夜は早めに寝床につくのが目覚めを
よくする秘訣だと言われていますが、必ずしも正しいとは限りません。

同じように実践すると、ヘトヘトになった直後に一眠りしてしまい、夕方や
夜中に目が覚めてしまい、寝ぼけ眼に夕食を食べて寝るのはいいが、熟睡が
できず朝までウトウトしながら浅い睡眠を続けることにもなりかねません。

こういった「健康的な生活」は、現実には幻想に近いものだといったほうが
正確かもしれません。

その一方で、短時間睡眠をムリに実行するのも間違いです。

気合や根性だけで習慣づけしようとしても、体調がついていかないケースが
大半ですので、挫折する確率は極めて高いと言わざるをえません。

【続きを読む】