rmm

>>公開は終了しました<<

今までに300名以上の強迫性障害者の症状を改善した、医者・薬いらずの
方法
を試してみませんか?

本田式強迫性障害改善プログラムは、メンタルトレーナーの本田雅人さん
が、潜在意識をコントロールする方法を誰でも実践できるように改良する
ことで強迫性障害を自力で解消できるようにした方法です。

強迫性障害は、放置することで症状が悪化するだけでなく、他の併発症を
生み出していくという点で大いに問題があります。

併発する病気としては不安障害であったり、うつ病といった具合ですが、
自殺するまでに精神的に追い込まれることも珍しくありませんから、放置
してはいけないわけです。

しかし、どうすれば強迫性障害を改善・解消できるのか、知っている人も
いなければ、具体的な方法論も中々見当たらない
というのが実情でした。

一応、カウンセラー向けのテキストや精神医学の医学書などを見てみると
「改善法」とか「治療法」といったものは書かれてはいますが、誰にでも
効果があるのかという疑問符を付けざるをえません。

精神安定剤などを用いて対症療法的に不安感や恐怖感といった症状を抑え
こんだり、認知療法などで時間をかけるといった方法では、全く終わりが
見えないこともあって、治療自体が「不安」を煽る結果になりかねません。

その一方、本田式強迫性障害改善プログラムも、治療や改善が終わったと
いう感覚は味わえません。

改善したという自覚さえ得られないと思います。

といっても、効果がないという意味ではなく、強迫性障害を「忘れ」たり
「どうでもよくなった」などといった状態になる
わけです。

客観的に見れば、完治したとか解消した状態になるわけですが、当事者に
とっては何の印象もないという不思議な気持ちになれるのです。