rojin0

>>公開は終了しました<<

あなたの家族の高齢者が老人ボケやアルツハイマーになると、本人が問題
行動を起こすのはもちろんのこと、家族なども介護に大きな時間と精神的
疲労を背負うことになります。

一旦、アルツハイマーになると進行を遅らせるしか無いというのが一般的
認識ですから、いつ死ぬかわからない老人の終わりの見えない介護に心身
とも疲れ果ててしまうケースが多いのです。

その結果、介護疲れで殺してしまったり、心中するといったケースも発生
していますし、ボケ老人向けの老人ホームに入居させても、費用を支払え
なくなって、自己破産するケースが増加しています。

実親や祖父・祖母の介護のために自己破産してしまうと、自分が年寄りに
なった時にどうすればいいのでしょうか?

当然ですが、生活保護だけではやっていけないでしょうし、不正受給者の
煽りを食らうだけでなく、財政の危機的な状況を考えると生活保護自体が
廃止になるのも時間の問題でしょう。

このようなことを考えだすと、介護者を殺したり、心中したくなるという
のも当然かもしれません。

しかし、「ボケ老人」が「ボケていない老人」に戻れるとしたら、現状と
比べて大きく改善されるのではありませんか?

もちろん、手術や薬を使わずにアルツハイマーを解消出来れば、これほど
役立つことはないでしょう。

脳細胞の内部構造を知り尽くしていれば、このようなことは可能だという
ことに気づくのですが、医学書こそが正しく絶対的だと思っている医師が
ほとんどですから、現実はお寒い状況です。

老人脳ゼロでは、机上の空論ではなく本当に効果のある方法を知ることが
できます。