gkaisho

今すぐ内容を確認する

あなたは、多くの人前で話をしたり、初対面の人と話すのが苦手ではあり
ませんか?

頭のなかが真っ白になったり、SAD(社会不安障害・社交不安障害)かも
しれないですね。

相談したところで経験を積めば自然と解消されるものだといわれる程度で
ほったらかしにされ、誰もまともに不安や恐怖を解消できる方法を教えて
くれないといった状況ではないでしょうか?

しかし、経験数を増やしたところで、苦手だったものが得意になるどころ
か、失敗ばかりが積み重なってトラウマになるケースがほとんどです。

話すことに対する苦手意識を更に強く持ってしまい、他人と話をすること
さえ嫌になるために、引きこもりや、うつ病などを発症するケースが増加
しているのです。

さらにショック療法などといって、強制的に会話をさせようとする機会を
作ることが解決策だと言ってゴリ押しされた結果、自殺したケースもある
と言います。

話したくないから死ぬなんて誰も理解できないので、キチガイとか狂って
いたなどといった理由で片付けられてきたわけです。

だからといって、会話する機会を避けて引きこもっていれば解決するわけ
でもありませんから、解決するのが難しい問題だと言われている
のです。

心療内科や精神科などに通っても、精神安定剤を渡されて、話をする時に
服用するよう言われるだけです。

「慣れたら緊張しなくなるから・・」と、まともに相手にされない状態は
全く変わりありません。

話し方の本を買ったり、話し方教室に通ったことはありませんか?
全くといっていいほど改善されないケースがほとんどです。

その理由は簡単で、話し方は技術だけでは解消できないからです。

【続きを読む】