takan7

>>公開は終了しました<<

汗が出ないようにするためには、水分を取らなければいいといった誤った
考えを持っている人が少なくありません。

水分の摂取を減らせば尿の回数は減りますが、汗の量が減るわけではない
のです。

つまり、水分摂取量に関係せずに、汗がでる時は出るし、出ない時は全く
出ないということです。

多汗症に関しては、誤った常識に惑わされることなく、正しい知識を身に
つけた上で、全く異なる対策を取る必要があります。

一時しのぎの制汗スプレーやデオドラントを使ったり、ひたすらタオルや
ハンカチで汗をふき続けるというのでは、いつになっても改善しません。

汗腺除去手術を行ったところで、汗の量自体が減るわけではありませんの
で、今までは発汗が気にならなかった所から大量の汗が吹き出してくると
いった「代償性発汗」という現象が出てきます。

全身の汗腺を全て取り除くことは不可能ですから、代償性発汗から逃れる
ことはできません。

多汗症アドバイザーで、以前は自らも多汗症に悩まされていた経歴を持つ
久保田さんは、多汗症で悩む人々からさまざまな相談を受けてきたといい
ます。

その中で、多汗症と一口に言っても、その原因は人によって異なることが
明らかになりました。

このため、ある人にとっては効果的な多汗症対策であったとしても、別の
人にとっては全く効果がなかったというケースも珍しくありません。

多汗症の原因に応じた解消法を実践する必要があるというわけです。

そこで、豊富な経験と実績を元に久保田さんがまとめたのが、その名も、
久保田式多汗症改善7日間プログラムです。

早い人であれば、1週間もすれば効果を実感することができますし、遅く
とも1ヶ月以内には多汗症の改善効果が実感できるといいます。