tanseki

今すぐ内容を確認する

胆石ができても自覚症状を感じるのは、胆石を持つ人の数パーセントしか
いない
といいます。

つまり、ほとんどの人は、体内に胆石があったとしても何も感じていない
というわけですが、何かの拍子に自覚症状が出ることもあるかもしれない
ことから、胆石予備群として考えておくといいでしょう。

胆石は、胆嚢や胆管にできることが一般的ですが、超音波をあてて胆石を
破壊するか、そもそもの原因である胆嚢を手術によって取り除くといった
治療法が取られます。

他の臓器とは異なり、胆嚢はダムのように胆汁を一時的に蓄える機能しか
なく、胆汁自体は肝臓で作られることから、胆嚢を取り除いたところで、
身体機能に全く影響しない
と医学的には言われています。

しかし、身体機能には影響がないと言われても、入院して手術となると、
身体的な負担だけでなく、経済的な負担も考えなければいけません。

病気入院が許されるだけでなく、入院中も法令で定められた給与や手当が
支払われる企業であれば、入院して治療に専念できるでしょう。

その一方で、自営業はもちろんのこと、会社員であっても困難なケースと
いうのは存在します。

あなたがブラック企業に勤めているのであれば、入院による長期欠勤など
許されないといって、労働基準違法違反であることは承知のうえで、退職
強要されることも珍しくないでしょう。

法令違反を平気でするからブラック企業と呼ばれるわけですが、むやみに
解雇すると労基署から睨まれかねないこともあって、自己理由による退職
をゴリ押しするわけですね。

ブラック企業というのは、長期にわたって働くところではありませんから
退職する良い機会だと考えるのもありですが、無職になって収入の当てが
ない状態で入院生活というのは、やはり不安なものです。

そこで役立つのが、竹田式胆石改善術です。

【続きを読む】