eyetrain

今すぐ内容を確認する

学校で行われる視力検査で「ABCD」の4段階で示されるようになりましたが
従来のように視力を数値で表現するのと何が違うのか、疑問に感じたことは
ありませんか?

学校で行われる視力検査の目的に答えが隠されていました。

まず、ABCDという4段階で視力を評価する方法のことを、視力検査370方式
と呼びます。

この370という数字に秘密が隠されていますので、説明していきましょう。

一番後ろの席に座っていても、前の黒板・ホワイトボードが見えなければ、
授業が成り立ちませんから、教室の一番後ろに座っていたとしても、一番前
に書かれた文字が読む必要に必要な視力が0.7
だと言われています。

視力0.7以上であれば最低ラインは超えているわけですが、視力1.0以上で
あれば、余裕を持って黒板の文字を読み取れることから、0.7をボーダーと
してAが1.0以上、0.7から1.0がBと設定されました。

その一方で、視力0.3を割り込むと、最前列に座っていても黒板やホワイト
ボードが裸眼では見えないことがわかっていますので、メガネやコンタクト
などで視力を矯正する必要が出てきます。

0.3から0.7の間であれば、前方に座るのが嫌だという好みはあるとしても
裸眼で前の方に座れば文字が見えるわけなので、大きな問題ではないという
判断です。

その結果、視力0.3以下がD、0.3から0.7がCという4段階の区分が生まれた
というわけなのです。

つまり、視力が0.3よりも低ければ、0.1だろうが、0.05だろうが視力矯正
は必要だというわけですから、細かな数値までは必要ないという「ゆとり」
教育の一環だったというわけです。

【続きを読む】