fixeye

>>公開は終了しました<<

使いすぎると壊れるというのは、機械の世界ではおなじみです。

何度も使い続けることによって、部品が劣化して壊れやすくなることは常識
ですから、壊れた部品を交換すれば、再び元通りに動くようになります。

疲労骨折や筋肉痛といった具合に、人間の体にも当てはまる場合があるわけ
ですが、すべてのケースで当てはまるとは限りません。

例えば、パソコン作業を続けて目を使い過ぎると、眼精疲労が起こって視力
低下につながるなどと言われますが、正確に言えば誤りです。

眼精疲労になっても視力が低下しないケースは数多くありますし、目の使い
方によっては、眼精疲労が起こらなくても視力が低下するケースは幾らでも
存在します。

近視になるのは、近くのものばかりをみているために、目のまわりの筋肉を
動かさなくなって衰弱したからであり、近いものと遠いものを何度も見れば
筋肉を適度に動かすことになりますから、近視も改善されるのです。

しかし、あなたの日常生活では、遠くの物を見ようと思っても、都市生活者
であれば、遠くを見ようにもビルの屋上などに登らなければ見ることができ
ないといった状況ではありませんか?

遠くの物を見る機会がほとんどないという人も少なくありませんので、擬似
的に遠くの物を見る方法として、「マジカルアイ(マジックアイ)」を活用
するのも効果的です。

パソコンソフトでマジカルアイ(マジックアイ)を再現したのがフィックス
アイ
です。

遠視・近視の両方に対応しており、老眼の改善にも役立ちます。

フィックスアイは、あなたが使っているWindowsパソコンにインストール
するだけで、今すぐ使えます。

Macの場合はBootcampなどを使ってWindowsOSを追加導入すれば、同じ
ように使うことが可能です。