ryokunai

今すぐ内容を確認する

緑内障になると失明の可能性が出てくることもあって、恐怖感を感じる人が
少なくありません。

あなたも、そのうちの一人ではありませんか?

点眼薬で眼圧コントロールをすれば、失明することはないなどと、眼科医に
言われたかもしれませんが、日本人の失明の原因として最も多いのが緑内障
なのです。

つまり、緑内障の治療を続けていても、失明してしまったという人が少なく
ない
というわけです。

また、緑内障の手術を受ければ、完治できるのではないかと思っているかも
しれませんが、一時的な効果しか期待ができず、何年かすれば緑内障が再発
するといったことになりかねません。

このため、再手術といったことを繰り返しているうちに、失明してしまうと
言う結果になってしまうというわけです。

かといって、放置したところで眼圧が下がることはありませんから、同じく
失明する危険から逃れることはできません。

さて、あなたは緑内障になる本当の原因が何であるのか知っていますか?

だから、今までも繰り返し出てきたように、眼圧が上がるのが緑内障の原因
ではないのかと思っていませんか?

東京日本橋にある目の美容室「日本リバース」の院長である今野清志さんに
よると、その原因は「血流障害」だといいます。

血流障害がおこることによって、目の周囲の眼筋、網膜、視神経が弱くなり
房水のバランスが崩れて眼圧が上昇することで、視神経を傷つけ視野が狭く
なるというメカニズムがはたらくといいます。

つまり、血流改善を解消すれば、房水のバランスが崩れて眼圧が上昇すると
いったこともなくなり、緑内障は改善されるというわけです。

それでは、具体的に何をすればいいのでしょうか?

【続きを読む】