大抵の人が、一度はスキンケア用品を通販で買った経験があるといいます。
しかし、実際に使ってみたら、広告からは想像していたほどには効果が得られなかったと
感じている人もいます。

どうしてこのように宣伝と実際に使用したときに差が出てしまうのでしょうか。
理由の一つに、肌質の差があります。

肌質の差とは、色々な要素があるものの、表面構造が人によって違うことが関わっている
ようです。

肌の表面を拡大してみてみると、角質の構造が見えるのですが、この時、肌の表面に古く
なった角質があると保湿剤などの成分が、本来届くべきでないこの古い角質層に使われて
しまい、肌が潤うことはありません。

古くなった角質層を取り去って、新しい角質層が表層に出ていることが、スキンケアでは
大事です。

年をとった角質層を除去するとスキンケアをする段階に入りますが、この時に注意したい
事柄が存在します。

高い効果を期待して、スキンケアの成分を肌にこすりつけていると、新しい角質層に負担
がかかってしまいます。

傷みが激しい場合は、出てきたばかりの新しい角質が古い角質と同じような状態になって
しまうので、やさしく扱うようにしましょう。

強くこすったり、押しつけたりしないで、柔らかく皮膚に触れるようにして、スキンケア
をすることがポイントです。

普段の生活でも、痒いところがあると、つい掻いてしまうと思いますが、爪によって肌が
傷んでしまうので、気を付けなければなりません。

健康的で、きれいなお肌になりたいという人は肌タイプに合うスキンケア商品を、きちん
と使うことが大事です。