ワキガは通常よりもアポクリン線の数が多い場合に起きやすい症状となっています。

普通の汗とは違って、アポクリン汗腺にはアンモニアや脂質、たんぱく質などが含まれて
います。
これらの成分が分解される時に、菌が増殖して臭いを出します。
ワキガのニオイは特徴的であり、他の体臭に比べても強い臭いであるため、ワキガで悩む
人は少なくありません。

ワキガへの対策は様々なものがありますが、その中には、制汗剤をこまめに使うことで、
臭いを減らすというものがあります。

ワキガ対策用のデオドラント商品を使用してみても、なかなか改善されない場合は、手術
によって改善する方法をおすすめします。

保険の適用範囲に当たるため、ワキガの手術はエステの美容施術と違って、リーズナブル
な金額で受けられます。

保険の適用となるには医師がワキガと診断して、保険適用が認められている方法での手術
に限られます。

まずは専門医にワキガの症状を確認してもらって、治療には手術が必要なのか、他の手段
を用いるかを確認します。

手術の内容はワキガの原因となるアポクリン線を取り除く方法になります。
アポクリン汗腺を外科的な手法で除去するには、どうしても、メスで皮膚を切らなければ
なりません。

手術痕が残ることがありますが、わかりにくいところを切開してもらえます。
アポクリン線の取り残しなどがあれば、せっかく手術を受けたのにも関わらず、まだ匂い
が残っていたりと再発する可能性があるので、信頼できる病院を選ぶことが大切です。

ワキガ治療のために手術を受けることになったら、カウンセリングで具体的な手術の方法
やリスクを知っておきましょう。