にきび跡がにきびがあったところにシミや赤みになって残ることがあり、消えずに困って
いる人がいます。

にきび跡の赤みは、にきびを治そうとして毛細血管が集中するものの、肌の再生が遅くて
炎症が引かない状態になる為に起こります。

皮膚にできたにきび跡を早く解消したいという場合は、肌の代謝を早めるためによく眠る
ことが大事です。

人間の体は、寝ているときに成長ホルモンの分泌が促進されて、細胞の働きが改善され、
身体のダメージを癒しやすくなります。

成長ホルモンの働きが最も高まるのは、眠りについてからの最初の3時間であり、この時
の睡眠の質が大事です。

布団に入る1時間前からパソコンやスマホの使用を控えたり、お風呂に入って体を温かく
するなどして、眠りやすい体調をつくっていくといいでしょう。

毎日の食習慣を見直して、新しい皮膚を生成するために必要な栄養素を摂取することも、
にきび跡の改善のポイントです。

肌の細胞を活性化させる為には、タンパク質やミネラル、オメガ3脂肪酸等が効果的だと
言われています。

せっかく摂取したビタミンや、ミネラルが身体に吸収されづらくなる原因に、アルコール
の摂取や、塩分の多い食べ物をとることがありますので、注意をしてください。

積極的に体を動かして、新陳代謝の高い身体になることも、ニキビ跡の赤みに効果的です。
毛細血管がにきびのあった場所に集まった状態のままになっていることが赤みの原因なの
で、他に血液を必要とする場所をつくるため運動をするといいわけです。

自己流のやり方ではにきび跡の赤みが消えないという場合は、皮膚科を受診して治療して
もらうといいでしょう。