サプリメントに含まれているビタミンCは、天然成分・合成成分の2種類が存在します。

一般的に、サプリメントの材料には天然成分が使われている方が、合成成分から作られた
ものよりも優れています。
しかし、天然のビタミンCは、合成のビタミンCより健康効果が高いのかといえば、必ず
しもそういうことはないようです。

ビタミンCの場合は、合成成分のものでも特に問題は無く、天然成分の商品と同じように
利用できるそうです。

現在の技術では天然素材から取り出したビタミンCとほとんど同じものを合成のビタミン
Cで作り出すことが可能です。

そっくりにつくろうと思っても、天然成分と同じ構造の物質がどうしてもできなければ、
天然成分から取り出してサプリメントにしたほうがいいことになります。

合成の成分と、天然の成分があったとして、天然の成分に近いものはつくれるけれど全く
同じものは無理という物質は少なくありません。

構造が単純であれば、天然のビタミンCと、合成のビタミンCが、見分けがつかないほど
似ているものを製造することも可能になります。

天然素材から抽出された成分で製造されたサプリメントの場合は、農薬など有害な物質が
含まれている場合もありますし、アレルギーの成分が混ざっていることもありえます。

野菜や果物などの農産物から作られる天然成分のサプリメントの価格には、材料の費用が
反映されて高額なサプリメントになる傾向があります。

サプリメントは、長く飲み続けることが前提になりますので、大量に安く製造可能な合成
サプリメントは重宝します。

ビタミンCのサプリメントを使う時には、合成ビタミンCのサプリメントにするか、ビタ
ミンCを含む天然素材のサプリメントにするかも重要です。