gakushu

今すぐ内容を確認する

学習障害という言葉自体が、あまり知られていません。

学習障害のことを、英語では「Learning Disabilities」と言いますが、この
頭文字を取った「LD」という言葉が、日本でも使われています。

街なかで不規則な行動を行うことも珍しくありませんから、「ろくなシツケ
もしていない親の顔が見たい」とか「キチガイを世の中に出して恥ずかしく
ないのか」といった声ばかりが目立つのも事実です。

「世の中に役に立つことはないんだから、さっさと殺してしまえ」といった
乱暴な意見も、2ちゃんねるなどでは見られます。

LDの定義は文科省で行われていますが、「発達障害」の一つとして厚労省に
おいても行われています。

LDは単一の障害ではなく複数の状態が含まれることから、医学的な治療だけ
では完治させることができませんし、そもそも治療法もありません。

手術をしたり、薬を飲ませておけば治るといったものではないのです。
もちろん、死んでしまえば病気も治りますが、安楽死させるというのは論外
です。

このようなLDに対する無理解と偏見などに立ち向かうべく、個別指導学習塾
「学太郎」の塾長である岡田誠さんが立ち上がりました。

結局は「学太郎」に通えという裏心が見える

しょせんは商売したいだけか、この詐欺師

という人もいるかも知れません。

本当に裏心がないのであれば、全て無料で教えるのが筋というものだという
人もいるでしょう。

学問をするのに、学校に通う授業料などは必要だとしても、学問自体にお金
が必要なわけではありません。

学問というのは、特許を使うから特許料を支払うという話ではありません。

【続きを読む】