sarasara

今すぐ内容を確認する

多汗症と一口に言っても、手に出れば手汗、ワキに出れば脇汗であったり
ワキガになることも珍しくありません。

水分補給を減らせば発汗量も減るだろうと、素人考えでは考えがちですが
発汗量自体はほとんど変わりません。

水分をたくさんとった時は、汗にでるというよりも尿に出ることのほうが
多く、汗の量自体は、ほとんど変化しません。

水分補給を控えていると、夏場であれば、脱水症状になりかねませんので
やめておいたほうが無難でしょう。

多汗症ともなると、制汗スプレー等では効果がないことは言うまでもなく
汗腺除去手術をしても、排出される汗の量自体は変わりませんので、別の
場所から大量の汗が出てくるようになるだけです。

手術で汗腺を取り除いたとしても、しばらくすると元に戻るというケース
もありますので、時間とお金を浪費しただけでなく体を傷つけても意味が
なかったという結果に終わりかねません。

多汗症や手汗などのアドバイザーとして活躍している新田さんによると、
あなたに原因があるわけではないというのです。

その上、わずかな時間で解消することは可能だといいます。

いったい、どういうことなのでしょうか?

もちろん、多汗症というのは、あなたの体に起こっていることですから、
あなたに原因がないと新田さんが言い切るのには疑問を感じますが、正確
な知識を学ぶ機会がない
という点においては正しいかもしれません。

つまり、多汗症というと、どうしても汗が出てくる部分に異常があるので
はないのかと考えがちですが、本当の原因は別のところにあるということ
を忘れてはいけないのです。

【続きを読む】